何年かかるか分からない。どこへ向かうか分からない。けれど、君の将来を信じているよ。

投稿日: カテゴリー: 信じる

何年かかるか分からない。どこへ向かうか分からない。けれど、君の将来を信じているよ。

 

親に感謝せいとはよく聞く言葉です。

 

分かってはいるものの、親の温かみなんて、そう簡単には分からないもの。

 

実は、私自身も、親の温かみを知ったのはずいぶん後になってからでした。

 

学生の時は親の温かみが分からず。

 

就職した後も親の温かみが分からず。

 

転職してからも親の温かみが分からない。

 

親と仲が悪いわけではない。

 

でも、親ってのは自分のことを本当に分かっているのかどうか、よく分からない。

 

それが一転。

 

会社を辞めて、独立してから親の温かみを感じることがありました。

 

いきなり会社を辞めて、まったく新しいことをすると言い出す息子。

 

大学出て、せっかく大企業に入ったのに、何を考えているのか。

 

しかし、私の親は特にあぁした方がいい、こうした方がいいというわけでもありませんでした。

 

ぼそっとつぶやいたのが印象的。

 

「何年かかるか分からない。どこへ向かうか分からない。けれど、君の将来を信じているよ。」

 

親の中でも、決心した何かがあったのでしょう。

 

もうやりたいようにのびのび生きさせたらどうだ、と。

 

それがあいつのためになる、と。

 

親の温かみが分かる時。

 

きっと、皆様にもそんな瞬間、あるんじゃないかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク